当ブログへようこそ!いつも記事を読んで頂き、感謝しかありません!

有料テーマTHEsonic Rinkerに大苦戦!

3 min 138 views
murapapa

murapapa

【執筆者プロフィール】
【実務歴】 土木施工管理・CAD12年
現職土木施工管理業務、CADオペレーター、施工管理業務支援、ライター。工業高校卒業後建設会社へ就職し、測量会社を経て現在土木業界でお仕事しています。その傍らライターとしても活動中。

FOLLOW

こんにちわ、むらぱぱです。
今回は・・・・・・ぼくはちょっと怒っています。
なぜ怒っているかは本編で説明したいと思います。
是非最後まで見ていってください。
それではよろしくお願いします。

なぜ怒っているの?

むらぱぱなんで怒ってるの?

なんで怒っているかというと、最近有料テーマのsonicに変えたんですよね。
Rinker機能があるんですけど、使い方わからなすぎて激怒しております!

ふーんそうなんだ。
じゃあわかりやすく説明してね。
よろしく~!

Rinkerとは?

RinkerとはTHEsonicの商品リンクを簡単に作れますよというカエレバに似たようなツールです。

ブログではよく目にする複数ショップのリンクボタンがついているブロガーなら目から鱗の機能になります。

Rinker設定

商品リンクを作成するには、Rinkerを設定しなくてはなりません。
ここがぼくが最も苦戦したフェーズになります。

1.設定からRinker設定をクリック

2.Rinker設定は画像を参照してまねしてください。
ここからは入力するところとコード取得サイトを貼っていきます。

これでamazon、楽天、ヤフーは網羅しました。
今貼ったリンクに登録して、入力コードを簡単に取得できるサイトを運営していれば苦労しません。
ここで問題が発覚します。
amazonは審査件すら与えてくれない。
はい、画像に注目!!

ぼくのサイトは現在でもこんな表示です。
悲しいです。
悪いことしていません。
そのうち攻略しようと思います。

え?だめじゃん。
あきらめなきゃいけないわけ?
sonic有料なんだよ?
ふざけてんの?

そ、そんなことはありません。
それでは救世主に登場していただきましょう!

この3つを入力すれば全てのショップリンクを獲得することができるんです
すごいですよね?すごすぎる。
そこでまた落とし穴があるんです。
amazon」が提携承認してくれない。

は?って思うじゃないですか
ぼくもそう思います。
でもここからがこの記事の真骨頂です。

もしもアフィリエイト「amazon」提携承認への道

ぼくはもしもアフィリエイトからこのブログの登録を5回ほど削除されています。
著作権に関わる画像はオールNGのようです。
皆さん気をつけてくださいね。

ブログの登録削除され続け、有名人の画像を貼るのはだめなんだ、ということは学びました。
ですがここでも「amazon」は提携を承認してくれません。
40記事を超えたところでも登録を削除され、amazonから提携を断られること10回くらいかな?
50記事を祝してまた提携を申請してみました。
すると承認してくれました!

なんか対策したの?

特にしていないんですが、amazonアソシエイトでリンクを借りて、クリックをしてもらうようになった。
というくらいしか思い当たらないんですよね。

参考までにこの記事を貼っておきます。

この記事に書いてある記事を網羅しようとした過程の中で合格しました。(もしもアフィリエイトですが。)
すごくいい記事なので読んでみてください。
とこんな感じで「もしもアフィリエイト amazonリンク」獲得まで4ヶ月暗いかかってしまいましたが、あきらめなくてよかったです。

Rinker使い方

ここからはRinker使い方を実際の画像を使って説明したいと思います。

1.Rinkerをダウンロード

ここからダウンロードしてください。

2.ワードプレス画面にいき、プラグインで検索し、インストールします。

3.商品リンクから新規追加

4.商品情報を取得から楽天市場で検索
キーワードを打ち込む、今回は「バビロンの大富豪」と打ち込む。

5.商品リンクを追加をクリック
リンク情報が入るので、公開をクリック

6.公開をクリックすると、右側にショートコードが表示されるのでコピーして貼り付ける

こんな感じに商品リンクができました。

まとめ

今回は有料テーマTHEsonic Rinkerに大苦戦!ということで解説してきました。
なぜこの記事を作ろうかと思ったかというと、ネットで検索してもあっちこっち振り回されてなかなか正解に辿りつけなかったわけです。
そこで当ブログを見てくださっている方々には、そんな苦労をしてほしくなかったので、記事を作成しました。
この記事を最後まで読んでくだっさった方はRinkerの良さがわかったと思いますし、これからRinkerを使い始めても躓きにくくなったのではないかと思います!
超便利なのでブロガーの皆様、THE sonicを使用してみてはいかがでしょうか?

記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。
いいね、コメントいただけたら非常に励みになります。
これからもリーマンに向けて有益な情報を発信していきます。
よろしくお願いします。

murapapa

murapapa

【執筆者プロフィール】
【実務歴】 土木施工管理・CAD12年
現職土木施工管理業務、CADオペレーター、施工管理業務支援、ライター。工業高校卒業後建設会社へ就職し、測量会社を経て現在土木業界でお仕事しています。その傍らライターとしても活動中。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA